推薦入試・面接

大学入試、推薦入試面接のコツ:2位じゃだめなんでしょうか?は絶好のアシスト

 

こんにちは、今日も大学入試の面接のコツについて話していきたいと思います。

 

今日は、蓮舫さんと言えはこれ!という位有名な

2位じゃダメなんでしょうか?

について面接でのテクニックと関連して説明してみます。

 

「2位じゃだめなんでしょうか?」と言えば、否定的な言葉というイメージがありますね。

でも、実は、絶好のアシスト発言でもあるんです!

大学の面接試験でも使えるテクニックですので、是非読んでみてください。

 

元国立大学教授の推薦入試(面接・志願理由書・小論文)対策!元国立大学大学教授が心を込めて推薦入試の面接指導をします! 大学で長年入試に関わり、 ・入試問題の作成・採点、 ・推薦...

2位じゃだめなんでしょうか?ってそもそもどこで生まれた言葉?

「2位じゃダメなんでしょうか?」とはいったいどんな状況で出てきた言葉なのでしょうか?

ざっくり説明すると

無駄な支出を防ぐために「事業仕分け」という、支出に無駄がないのか?を判定するイベントで、文部科学省が

速度世界一のスーパーコンピューターを作る

という予算申請をしてきました。

それにたいして、蓮舫議員が

2位じゃだめなんでしょうか?

と発言したのです。

この発言に対して

蓮舫は2位以下でもいいと思ってるのか?
蓮舫は日本の科学技術の発展の邪魔をする売国奴

などと批判されました。

その後も、流行語のようにネタ的に使われるようになりました。

なぜ、蓮舫さんは「2位じゃだめなんでしょうか?」って発言したの?

それでは、蓮舫さんはなぜ「2位じゃダメなんでしょうか?」と発言したのでしょうか?

文部科学省が「速度世界一のスーパーコンピューターを作る」という研究をしていて、その予算の申請をしていました。

その時、「世界一を取ることで(国民に)夢を与えるのは、プロジェクトの目的の一つ」
と説明しました。

ちょっとフワフワしていて具体的じゃないですよね。

その発言に対して、蓮舫さんは「2位じゃダメなんでしょうか?」と発言しました。

その質問に対して、文部科学省の担当者は十分な説明が出来ませんでした。

 

・・・その結果、予算が削減されました。

 

ここで何が問題だったかというと、文部科学省の担当者は

・1位を取ることの意義
・1位を取ると科学や経済にどのような効果があるのか
・1位を取るための具体的なプラン

といったことの説明が不十分だったことだと思います。

別に蓮舫さんを擁護するつもりがありませんが、

蓮舫さんは別に「1位じゃなくて良い」って思ってたわけじゃないと思うんです。

 

2位じゃダメなんでしょうか?」というのは「1位じゃなきゃダメな理由をもうすこし具体的に説明して」という意味だったと私は思います。

それに対しての回答が不十分だったので予算削減・・・になってしまったと思います。

 

「2位じゃだめなんでしょうか?」から学ぶ面接での質疑応答

この、「2位じゃダメなんでしょうか?」発言が出た理由は、上でも書いたように、説明がフワフワしていて具体性が無かったからだと思います。


実際の大学入試の面接していた時
には

それなら、別にうちの大学じゃなくても良いよね?

と思うことは、何度もありました。

これって感覚としては「2位じゃダメなんですか?」と同じだと思うんです。

 

実際、推薦の面接の時に隣の先生が質問したことあるんですよ。

受験生は戸惑った感じでしたね。

 

でも、質問の意図さえ分かってれば、本当はこれってチャンスなんですよ。

 

それなら、別にうちの大学じゃなくても良いよね?」の質問の意図は

あなたの志望動機はもう一つ具体性が無いね、もう少し具体的に説明できますか?

ということを言っているんだと分かれば、答えられますよね。

そして、しっかり答えられれば、合格をぐっと引き寄せられます

 

こういう、一見意地悪にも思える質問って誰にでもするわけではありません。

 

もう、この人は不合格だな、って人にはこういう質問をわざわざしません。

 

「ボーダーライン上で、この質問にしっかり答えられたら合格かな?」

 

って場合にこういう一見意地悪な質問、だけど、実はアシストみたいな質問がくる場合があります。

2位じゃだめなんでしょうか?一見意地悪な質問こそ大事

 

ということで、蓮舫さんの名セリフ?「2位じゃだめなんでしょうか?」と面接について書いてきました。

 

こういう一見意地悪な質問は、もう一歩の人がされる場合が多く、実は大事なアシストだったりするんですよ。

自分では具体的に説明できていると思っても、実はフワフワしているっていうケース、意外と多いです。

そこで、しっかりと具体的に説明できれば、合格があなたのものになるのです。

 

推薦入試についてもっと知りたい人、推薦入試の指導をしてほしい人は、問い合わせてくださいね!

 

元国立大学教授の推薦入試(面接・志願理由書・小論文)対策!元国立大学大学教授が心を込めて推薦入試の面接指導をします! 大学で長年入試に関わり、 ・入試問題の作成・採点、 ・推薦...